江戸角凧 武者絵「茶臼山」

徳川家と豊臣家の大阪夏の陣で真田幸村と徳川家康が合間見えた茶臼山の戦いを題材にした和凧です。
武者絵は「出世凧」と言われております。

■ 肉筆画(手描き)

■ サイズ:75cm×49cm(竹ひごも含む)

■ 素材:高級手すき和紙(吉祥製)、顔彩(吉祥製)、国内産竹ひご

¥ 20,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。